北アルプスからの湧水を利用した、日本最大規模のわさび園で、年間約120万人が訪れる観光スポットです。わさび田に引かれる湧水は一日12万t。売店のわさびソフトや、わさびコロッケが人気。

公式HPはこちら
リゾート安曇野から徒歩30秒。八面大王は安曇野に伝わる伝説の主人公で、大きな8つの顔を持ち、喜怒哀楽を表現しています。お湯は40度前後で、底の丸い石が足のツボを刺激してくれます。インパクトのある足湯です。
   
標高約1500mで、穂高連峰や焼岳などの名峰に囲まれており、中部山岳国立公園の一部で、国の文化財に指定されています。上高地のシンボルとして、梓川の清流にかかる河童橋が有名。

公式HPはこちら
雄大な北アルプスの大自然に抱かれる黒部ダム。世界的に見ても大規模なダムで、多くの観光客が訪れます。豪快な放水は水煙をあげて、毎秒10立方メートル以上もの水量を吹き出されています。晴れた日には美しい虹が見られることも。
公式HPはこちら
 
 
収蔵作品は、日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品約189点と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品約2000点です。

公式HPはこちら
日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品などを保存、一般公開しています。また碌山と関係の深い芸術家たち、高村光太郎・戸張孤雁・中原悌二郎らの作品も併せて展示しています。

公式HPはこちら
   
絵本作家いわさきちひろに関する美術館。ちひろ美術館・東京の開館20周年を記念して立てられました。いわさきちひろの作品や世界の絵本画家の作品や絵本の歴史を、5つの部屋で紹介しています。ミュージアムショップやカフェも人気です。
公式HPはこちら
この美術館は、北アルプスが展望できるあづみ野池田クラフトパーク内にあります。 北アルプス展望美術館は、この地に魅せられ、この地を愛した芸術家たちの作品を展示、 収蔵しています。美しい北アルプスの山々を眺め、優れた作品に触れる時、きっとすてきな感動に出会えるでしょう。          公式HPはこちら
 
 
荘厳な雰囲気が漂う穂高神社。諏訪(すわ)大社、生島足島(いくしまたるしま)神社と合わせて信濃(しなの)三社と呼ばれています。また20年ごとの御遷座(ごせんざ)祭は盛大な神事で、その大祭に3度あえば最高の幸運と言われています。
公式HPはこちら
善光寺は今から1300有余年の昔に創建された無宗教のお寺です。本堂の中には真っ暗な地下があり、その回廊を手探りで歩き、鍵前を触れると極楽へ行ける「お戒壇めぐり」があります。また、7年に1度、秘仏の本尊代わりである「前立本尊」が開帳され、毎回多くの参拝客が訪れます。      公式HPはこちら